先進分子腫瘍学分野 2021年度の学生募集をします

教授: 合山 進
TEL: 03-5449-5782
E-mail: goyama{at}edu.k.u-tokyo.ac.jp

研究紹介

 近年の様々な技術革新により、「がんを治す」ことは遠い未来の夢ではなく、現実的な目標となりました。私達の研究室では、造血器腫瘍を中心に、がん病態生理の解析と新規治療法の開発を行っています。以下、現在進めている主なプロジェクトを紹介します。

(1) 転写・エピゲノム因子標的薬の開発


転写因子、エピゲノム制御因子の異常はがんをはじめ様々な疾患の原因となりますが、これらの多くは“undruggable”と考えられており、阻害剤開発は困難でした。私達は、最新のタンパク質間相互作用制御技術や核酸制御法を用いて、このような“undruggable”な分子に対する治療薬の開発に挑んでいます。例えば、コムギ無細胞AlphaScreenを活用して、転写因子RUNX1と共因子CBFBの結合を阻害する化合物を見つけました。また、RUNX1のユビキチン化を促進するE3リガーゼとしてSTUB1を同定し(発表論文7)、STUB1によるRUNX1分解を促進するPROTACsという合成化合物の作製を進めています。

(2) がん幹細胞と腫瘍免疫

がんの発症、再発の根源である「がん幹細胞」を駆逐しない限り、がんを治すことはできません。私達は、マウス白血病にがん抑制因子p53の活性化薬を投与する治療モデルを用いて、白血病幹細胞が腫瘍免疫の攻撃から逃れることで治療抵抗性を示すことを見出しました(発表論文1)。今後も、がん幹細胞が抗がん剤や免疫に抵抗性を示すメカニズムの解明、そしてがんを根治する治療法の開発を目指します。

(3)クローン性造血と固形腫瘍のクロストーク

最近のゲノム解析により、特定の遺伝子変異を持つ異常な血液細胞が増殖する「クローン性造血」が、健康なヒトの血液中にもしばしば認められることが判明しました。私達は現在、下図にしめすようにクローン性造血と固形腫瘍発症の関連について調べています。今後も、全身を流れる血液細胞が他疾患に及ぼす影響について、様々な角度から解析していきます。

<最近の主な発表論文>

1. Hayashi Y, Goyama S…Kitamura T. Nature Communications 10(1): 4869 (2019).
2. Tamura M…Goyama S. Scientific Reports 9(1): 8171 (2019)
3. Saika M…*Goyama S. Scientific Reports 8(1): 15873 (2018).
4. Yonezawa T…*Goyama S. Biochemical and Biophysical Research Communications 505(3): 905-909 (2018).
5. Asada S, Goyama S…Kitamura T. Nature Communications 9(1): 2733 (2018).
6. Osumi T…Tamura M…Goyama S, Kato M. Cancer Research 78(16): 4452-4458 (2018).
7. Yonezawa T…Goyama S. Journal of Biological Chemistry 292(30): 12528-12541 (2017).
(下線はメディカル情報生命の大学院生)

 

研究室紹介

東京大学
東京大学大学院新領域創成科学研究科
最新発表論文
教養学部生へ

このページの先頭へ戻る