生物情報科学分野 平成30年度の学生募集をします

准教授: 岩崎 渉
大学院理学系研究科 生物科学専攻(本郷)
E-mail: iwasaki{at}bs.s.u-tokyo.ac.jp
研究室HP

研究紹介

【キーワード】バイオインフォマティクス、ゲノム、メタゲノム、進化、動物行動

生命現象を俯瞰的な視点から捉えなおす

私たちの研究室では、生命現象を俯瞰的な視点から捉えなおすことを目指し、自由な発想に基づいた分野横断的な研究を旨として、幅広いテーマの研究を進めています。

バイオインフォマティクスの発展とライフサイエンス分野における技術革新により、これまでは得ることすら想像できなかった規模の様々なデータを解析できる時代が到来しました。数億年スケールの遥かな時間を越え、生命の過去の歴史を現在に伝える「ゲノムデータ」。遺伝子発現、調節、そして相互作用など、ゲノム配列が機能するメカニズムを語る種々の「オーミクスデータ」。生物学者がこれまでに蓄えてきた膨大な知識を、コンピュータが理解できる形式で表現した「パスウェイ・ネットワークデータ」。生物の表現型、行動や社会性を定量的に解析することを可能にする「画像・動画・バイオロギングデータ」。そして、環境と生命の複雑な相互作用ネットワークを描き出す「メタゲノム・生態系・環境DNAデータ」。

時には新しいデータを自ら取得しつつ、これらのデータを新たな視点や手法によって解析することで、生命システムの成り立ちやその進化学的・生態学的背景に関する新しい概念、仮説、法則性を導いていくことが、私たちの目標です。



図 生命現象を俯瞰的な視点から捉えなおす

研究アプローチと主な研究テーマ

動物、植物、微生物、ウイルスなどあらゆる系統群の生命知識・データを対象に、新しい情報・数理解析手法の開発や高性能なコンピュータを用いたデータ解析を行うバイオインフォマティクス研究と、バイオインフォマティクス研究に加えてゲノム・オーミクスデータや表現型データなどを取得するための生物学実験を行うハイブリッド研究の双方のアプローチを用います。以下のテーマのほか、個々の自由な発想に基づいた幅広い研究を推進しています。

1.ゲノムと生命システムの進化
2.オーミクスデータにひそむ法則性の抽出
3.メタゲノム・環境DNA解析
4.動画データやバイオロギングデータを用いた生物行動解析
5.生命知識処理

具体的な研究テーマについては、研究室見学時に説明を行っています。研究室見学や質問は随時受け入れていますので、希望する方はまずは岩崎までメールにてご連絡ください。また、岩崎が参加する本専攻などの大学院入試説明会が本郷キャンパスで開催される場合には、原則として説明会後に研究室見学を受け入れていますので、直接声をかけてください。

教育・研究方針

私たちの研究室では、生命科学と情報科学の双方の専門性に基づいて新しい概念や仮説を構築・検証し、大学・研究機関・民間企業等で先頭に立って活躍していく研究者の育成を重視しています。そこで、既存の学問分野をまたぐ幅広い視点を踏まえた研究に挑戦したい方、特に、自分自身のユニークなアイデアに基づいて新たな領域を開拓することを強く志す方を歓迎します。そのために、研究テーマの決定にあたっては、幅広い研究対象やアイデアを受け入れ、研究計画を共に議論し、個々の自主性を発揮して研究を推進する方針をとっています。

研究室所在地

東京都文京区弥生2-11-16
東京大学本郷地区キャンパス(浅野キャンパス)理学部3号館
(東京メトロ千代田線 根津駅より徒歩約6分)

研究室紹介

東京大学
東京大学大学院新領域創成科学研究科
最新発表論文
教養学部生へ

このページの先頭へ戻る