感染遺伝学分野 平成30年度の学生募集をします

教授: 三宅 健介
TEL: 03-5449-5294
E-mail: kmiyake{at}ims.u-tokyo.ac.jp
研究室HP

研究紹介

【キーワード】免疫学、自然免疫、Toll-like receptor (TLR)、自己免疫疾患、病態モデル

免疫機構は、リンパ球を中心とした獲得免疫系と、樹状細胞や貪食細胞を中心とした自然免疫系に大きく分けられる。自然免疫系においては、病原体センサーと呼ばれる分子群によって病原体が認識される。代表的な病原体センサーとして、Toll様受容体(Toll-like receptor, TLR)があげられる。TLRは、病原体由来の糖脂質や核酸に応答して、活性化シグナルを伝達し、感染防御反応を誘導する。最近、TLRをはじめとする病原体センサーは自己由来類似成分にも応答し、自己免疫疾患、アレルギー、肥満、動脈硬化など、非感染性の炎症疾患にも関わっていることが明らかになってきた。当分野ではTLRによる病原体認識、活性制御機構の解明を目指し、活性制御の破綻がいかなる病態を引き起こすのかについても解析を進める。これらの解析を通して、自然免疫系の分子基盤の解明に努める。

研究室紹介

東京大学
東京大学大学院新領域創成科学研究科
最新発表論文
教養学部生へ

このページの先頭へ戻る